『命のLufran』

Single Fatherの気まぐれBLOG!

またまた乱文でスマソm(_ _)m

頑張っている人に、「頑張って」って言うのは酷な話だと思う。

事実、今でも被災地では体育館などで団体生活をしている方々もおられる。

その人々に頑張ってとは、小生は言えない。(言葉の癖で言ってしまう場合を除いては。)

でも、仲のいい友達には、よく頑張ってるが故に、あえて「頑張れ!」と言うことがある。

何故かなぁ?それは確かな人間関係がある前提で言うのやけれど、人は頑張っていても

ずっと続けては背伸びし続けられない。だから、どこかにナマケる自分がいる。

小生をみていれば良くわかる。自分のことを棚にあげていれば気づかないけど・・・。たまに気づく >_<

んで、そんな所々のナマケ癖をやっつける為に「頑張れ」って言う時がある。相手が怪訝な顔を

したら、ちゃんと説明だけはしてるのやけど・・・。(逆にお前も頑張れと言われたのは内緒 ^_^;)

あと・・・子供が「おとーさん」咽渇いたってよく言う。ジュース買ってと。あの言葉は半分ウソ。

本当に、本当に咽が渇いた時人間は、ジュースなんか欲しない。水だ。そう水!水なのだ。

死ぬほどの減量に減量を重ねたプロのボクサーが言ってるのだから説得力がある。それを聞いた。

自分を棚に上げて、わかったようなことを書いているけど、きっとこれは事実だと思う。

なぜなら、人間の水分量は50~90%もあるのやし。性別や年齢で異なるけど、いかに

水が大事って心底思う。まだ妻が闘病生活してた時、還元水をつくる機器を買ったのもそれに

気づいたから。毎日毎日、30分くらいかけてタヒボ茶を還元水で作ってた。煎じて飲ませてた。

くそ苦いやつ。良薬は口に苦しって言うじゃない。嗚呼なんか話がごちゃごちゃになってもた。

では、残暑も厳しいので、咽が渇いたら十分な水分補給をしてくださいっ!(^o^;) ねっ・・・!

毎度の乱文は治らない( ̄△ ̄;)ガーン ~See you tomorrow~


スポンサーサイト

iroiro | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<悔しさは大きな力になる・・・ | ホーム | 最終回・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |