『命のLufran』

Single Fatherの気まぐれBLOG!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

無知の恐さというもの・・・

冷温停止・・・

もう正直にいいなよ。炉心はどこにあるか、わからないって。

テレビ、新聞中心の人々は驚愕しても、もうあまり驚かないよ。

将来のイメージがリアルに脳に写し出されたら方が恐ろしい。

・・・因果関係は認められない。自己責任。必ず朽ち果てる命がある。

子供はなんにも、なんにも悪い事してないよ。ならばどうして。

怒りや涙が感情に出なかった日はあれから一度もない。ただ

諦めという心を、薄らぐのを精一杯防いでいる。必死に。

もともと人間という生き物は、逞しい生命力の持ち主だ。みな平等に。

しかし、その人間が悪魔と化した原子力を有効利用という名のもとに

手を染めた。チェルノが警告を発してた。フランスか日本に!

その悪魔の爆弾は、ここ日本に落ちてしまった。もう戻れない。

娯楽に今でも満喫する人が沢山いる。それはそれでいいだろう。

でも、今起こっている真実の姿を知らな過ぎる。放射能は目に見えない。

では、済まされない。台風の影響でホットスポットの位置も変わったでしょう。

人間、切羽詰ったら「神様、仏様」ってなる。命にかかわる問題だからだ。

神様なんていない。もしいるとしたら、自分の心の中に存在する作り物。

神様を具体的に表現するならば、環境が自分にとって良き影響をあたえる働きだ。

また周りの人々が不思議と守ってくれる働き。あえて言うならそれが神様。

インドの老婆に聞いた。神様はどこにいるのですか?老婆はただ尋ねた人の

胸をさした。きっとそれが答えだ。

それよりも、現実を直視し、子供がいる人は子供を守ってほしい。

妊婦をかかえる夫ならば、自分の命と引替えても、妻と我が子を死守せよ。

この日本は、もうそんな世界なんだよ。あんまり時間がないよ。これがもし

笑い話になれば、人生で流す涙の量を、ものの1秒で流しきってやる!

嘘つきにはならない。ここで、しっかり約束するから・・・。
スポンサーサイト

Nuclear power plant | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<よく放送した! | ホーム | 久々にトレードの話題・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。