『命のLufran』

Single Fatherの気まぐれBLOG!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

無常の転換を・・・

アザラシに住民票を発行?はぁ?一部の人にとって大事な話かも知れないけど、


相変わらず、どうでもいい事をニュースにするマスゴミには、呆れて開いた口がポカンとなったまま。


・・・東京の足立区の小学校で3.99μSvの高放射線量を検出。このまま授業してていいのか?


それに高い放射線量が残ったままの、解除された緊急時避難準備区域・南相馬市。その一部の


小中学校の授業がとうとう再開されてしまった。ということは、少なからず幼い子供がいるということだ。


40も50も過ぎた、原発の存在を許してきた大人の教師ならともかく、未来ある子供たちがいる。


給食はどうだ?内部被曝はないか?小生を含め原発を許してきた大人は、汚染された食べ物でもいい。


でも、何も悪くない子供に、毒入りのごはんを食べさせられるのか?なぁ?それでいいのか?なぁ?


いつ考えても涙が出てくる。胸倉掴んで殴って解決するなら、どこへでも行く。相手は選ばず誰でもいい。


再開した南相馬の校長先生へ!


もっと大人なら考えてくれよ。この日を「復活式」だと・・・。5年経って、10年経っても、その言葉を


使えるか?言えるか?生きてるか?己は良くても、今の小中学生なら、これからが大事な時期なんだ!


俺みたいにこんな一庶民の馬鹿でも研鑽すれば想像できる。ならば偉い校長先生なら分かるだろ?


どうか、圧力に屈せず、正義の心で子供たちを守ってやって下さい。子供は未来の宝。分かってるだろ!


もう本当の事を言おう。子供にも伝えよう。言葉の気休めなんて必要ないよ・・・!

スポンサーサイト

Nuclear power plant | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<早く寝よう・・・ | ホーム | 食料危機が来たら・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。