『命のLufran』

Single Fatherの気まぐれBLOG!

『もんじゅ』 3つの危険・・・

高速増殖炉もんじゅ。何が怖いと尋ねられたら 小生は、この『もんじゅ』だと真っ先に答える。

世論は脱原発へと少しはむいてるが、こんな逆風の中でも原子力村は推進するだろう。

高速増殖炉に反対し続けてきた元京都大原子炉実験所講師、小林圭二さんは言う。

「原子力村はそう簡単に方針を撤回しない。表から見えないところで政治的な動きを

続ける。今後も監視は必要だ」と。

毎日新聞は特集ワイドとして「もんじゅ、三つの危険 火災が怖い、地震に弱い、核暴走も」

との記事を掲載している。

高速増殖炉はプルトニウムを生産する機能を優先、軽水炉より危険性が高い構造だと同氏。

また「高速増殖炉と軽水炉(原発)はまったく別のものと考えた方がいい」とも指摘されている。

そしてもんじゅの冷却材は、何故 水でなく金属のナトリウムを使ってる理由や、そのナトリウム

使用による危険性。つまり核暴走に繋がる危険性が深刻であるとし、警鐘を鳴らしているのだ。


もんじゅを運営管理しているのは、独立行政法人日本原子力研究開発(敦賀本部)だが、

同紙によると、 「何重にも安全措置」  「全電源喪失でも問題なし」と記載されていた。

盗電ふくいちも事故前には、「何重にも安全対策がなされてあり、大きな事故には繋がらない」

と言っていたじゃないか!ましてやプルトニウムの生産性がより高い増殖炉が事故を起こせば

果たしてどうなる?!下記の画像を見れば一目瞭然だ。関西おろか日本が無くなるだろう!

もんじゅ被害想定

もんじゅ



スポンサーサイト

反原発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<風邪かな?・・・ | ホーム | 南相馬市の小学校授業再開・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |