『命のLufran』

Single Fatherの気まぐれBLOG!

怒り心頭…

少し前に見つけた記事、雛祭りの3月3日 朝日。
放射線班の机上。オレンジの箱。ヨウ化カリウム丸。
東電社員だけが飲んでいたヨウ素剤だ!
何故?近隣の住民へ配布しなかったのか?
この証拠写真が真実を物語っている。

東電という独占企業。子会社が社員食堂の運営を
丸投げしておいて、電気料金に上乗せしてた事実。
それが判明しても、平気で料金UPする?

セシウム137流出量が、東電推計の6倍と。怒りに震える!

真面目に、正直に、正々堂々と生きてきた住民。
荒れた土地を耕し、新鮮な野菜を作って生活してきた。
荒れた海にも船を出し、魚をとり生計をたててきた。
一瞬にして全部ぶっ壊された。綺麗だった海や田や畑までも。

あの豪華客船に見えていた東京電力の運命は見透かされている。
所詮、冷酷な、深く冷たい海底に沈み行く宿命だったのだ!
嘘を嘘で塗り固め、平気で人々を欺く。他人の不幸の上に己の
幸福を築いているのも、気づいていないだろう。しかしだ!

因果応報、天網恢々疎にして漏らさずなんだよ!見届けてやる。


ヨウ素剤
スポンサーサイト

反原発 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<私たちは何もまだ知らない… | ホーム | 「東電福島第1と浜岡末期的事故の予感」…>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-03-07 Wed 20:06 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |