『命のLufran』

Single Fatherの気まぐれBLOG!

平和を願う・・・

まだ100年も経過していない、ここ日本でのこと。15,16の少年は祖国の為

空から死んでいった。そして、水上、水中でも…。離陸して行きだけの燃料

と爆弾を積んで追い詰められた戦局を打開するべく自爆。お母さん!と声を

あげ、突っ込んでいった。そして死…。きっとそうだったと思う。悲しい現実。

そうだ!まだ100年も経っていないのだ。たかだか数十年前の出来事です!


戦争ほど残酷なものはない。悲惨なものはない。今、世界ではどこかでこの

戦争がおこっている。まぎれもない事実。シリアでは、ジャーナリストの

山本美香さんは倒れた。美しく、正義な人だった。息を引き取る少し前に、

赤ちゃんを抱く現地の人に、優しく「可愛いお子様ですね」と声をかけていた。

何故、死ななければいけなかったのか?!疑問を感じる。激しく今でも。



…原発、絶対にいらない。詰まる所 戦争に繋がる。だから反対して声を出す。

そして、そう一旦事故を起こすと、取り返しがつかない。もう分かっただろう。

しかしながら、国 政府やマスコミは逆行しているが…。トルコ、原発を受け入れ

ないで欲しかった。原発事故が収束してない中、安部外交は失態営業マンと化した。


…20世紀の歴史は血が流れる時代だったんだ。21世紀は、生命の世紀にしたいと

思うのだが。散っていった、あの少年たちや、使命を果たした彼女のためにも… …。



スポンサーサイト

Nuclear power plant | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<好きになって、よかった♪・・・ | ホーム | 何故、今?あれから何年経った?!・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |